忍者ブログ
日々の戯言など。本や観劇、いろいろな出会いの記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早く感想を叫びたい…!!

友人の皆様と語りたいです!!
とりあえず、ネタバレはしていませんが反転&続きからで一回目の叫び。

とりあえず、
良かったね、トムラ先輩…!!
それなりに幸せそうで良かった。
そしてちょっとKYなところも先輩っぽくて素敵です(?)

『刹那』も『秘め事』も、タイトルからして電車の中では読めませんでした。
ふぉぉぉぉ、上橋先生…!!

『初めての……』
は、かわいい話ですが。

こういった日々があったからこそ、あの時エリンもイアルも思い切れたのだろう、と。
最初読んだ時は、幸せな家族の情景を楽しむことが出来たのですが、2回目読むと、

喪うことがもうわかっていたからこそ、せいいっぱい幸せに生きよう、という彼らの姿勢が見えてしまって、完結編のラストを思い起こさずにいられませんでした。

そして後書きのタイトル。
今回、自分にとって本編以上に重かったです。

萩尾望都先生が語った『雑と達者』『効果と手抜き』についてはこの時代ではおそらく書き手の方を指したのだろうかと思われますが、
先生が言うのは恐らく、受け取る側の『読み手』に対して、ですよね。

某まくろFでも、特に恋愛に関しては監督が『描かないと分からないという視聴者が多すぎる』と嘆いていたそうですが、これもそこに通じるな、とつくづく感じました。

最近は漫画やアニメばかりで小説を読んでいないから読解力が落ちたのだろう、という意見もありますが、
関係ないと思います。
漫画やアニメだって、『敢えて描かないけれど受け手にはちゃんと理解して欲しい』という作品は、十二分にそれを読み取ること、感じることが出来ますから。

……逆に、『描かないとわからないだろうから描いてやるよ』『こういうシーンさえいれれば客は満足するんだよ』的な作品、受け手をあからさまに見下しているような物が最近増えてきている気がします。
これこそ漫画やアニメだから、ではなく、小説(と呼びたくないですが)だってそうですよね。

結局…萩尾先生が危惧していたとおり、送り出す『作り手』が『受け手』である読者・視聴者のlevelをおとしめてきていたのでしょうか。
ちょっとそういうことも考えさせられた、2度目の読了です。

(一度目に読んだ時に感想書けば良かった)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
東北地方太平洋沖地震 義援金バナー
東北関東大震災義援金
お願いいたします
おすすめリンク
別館や、お世話になっている友人サイト様様v
是非遊びに行って下さいv
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
iTunes
プロフィール
HN:
Rook
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
くうねるあそぶ
自己紹介:
まいにちいっしょうけんめい、だけどのらりくらりと生きています。
そんな日常。
QRコード
携帯用へはこちらから
ブログ内検索
猫温度計
Daily Rook
ついった新聞です。
私のTwitterよりも他のユーザさんを掲示しています
お天気情報
world community grid
Let's Enjoy!
こんなん作ってみたので、遊んで下さい
ご本はこちらで探しましょうv
Amazonへのリンクです
最古記事
(02/26)
(03/26)
(03/26)
忍者ブログ [PR]