忍者ブログ
日々の戯言など。本や観劇、いろいろな出会いの記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 手術当日の話です。
長いので、続きからどうぞ。

手術前の適応検査についてはこちらを参照下さい。



 予約から手術・術後一連の流れについてはこちら
手術の内容についてはこちらを参照下さい。
 
手術当日と翌日も、ラッキーなことに薄曇りのレーシック日和でした(笑)
 
7月17日(金)、朝一(午前9時30分)から検査開始。
受付に行くと、既に十数人の方がいらっしゃいました。名前を呼ばれるまでどきどきしつつ、待機。そして視力検査も含め、事前の適応検査とほぼ同様の検査を終え、八人位で集められ、施術の確認、保護用のアイパッチやサングラスを渡されて施術後の注意(後ほど書きます)を受けて、ではいよいよ施術開始。
それが午前11時くらいでした。
直前の検査ではリラックスするよう言われ、この時はもう、不安感よりも期待感が勝っていたので、安心していました。そしてまた麻酔用の点眼を受けて、いよいよ手術。

手術は2回にわたって別々の部屋で行われました。
最初の、フラップを作るレーザーにまず驚きました。それまで手術なんてしたことなかったので、初手術台でしたし(笑)、眼球を出すため、瞼を器具で抑えられました。痛くないけど圧迫感。「光を見ていて下さい」と言われましたが、「光ってどれよ?」状態でなかなか視点が合わず、それでも何とか施術できました。途中視界が白くなったりしたのはこの時だったかな?
で、看護師さんに手を引いて貰い、暫し別室の前で待機し、いよいよイントラレーザー室にてレーザー照射の手術。
 
これが想像以上に大変でした…。
最初右目から施術でしたが、正直逃げたくなりました。
手術台の上でどうしても身体動いちゃうらしく、何度も固定されたし(笑)、まな板の鯉状態でした。施術中は3,4人の医師やスタッフの方がいましたが、その先生がしきりに「これで良いんだっけ?」等と言っていたのが気になりました…。
右目は網膜の厚さに問題があるとかで、結局術後コンタクト嵌められたのですが、それ、事前にきちんと説明して欲しかったな、と。赤いレーザーと青いレーザーの光があるので、それを見ていなければいけないのですがやはり見辛く自分がそれを見ることができているのか、どうか判断できませんでした。
左目は全く問題なかったようで、スムーズに終わりました。
そしてちょっと怖い話。
レーザー当ててる間、細胞が焼かれるので焼き肉の匂いがします(笑)

 
その後、15分〜20分休憩(健康センターとかに良くある仮眠室みたいな場所)で休憩。目を閉じるけれど、絶対寝ないようにと言われました(術後4時間は眠ってはいけないそうです)。
で、休憩を終えて、検査をしてから点眼薬の注意を受けて、割とあっさり帰されました。
その諸注意とは、
  • 帰宅時、及び一週間の外出時は渡された保護用サングラスをかけること、
  • 翌日検診までは1時間おきに目薬(3種類)を注すこと、当日洗顔洗髪不可、車の運転もしないようにとのこと。
  • 寝る時一週間はアイパッチをして寝て、絶対目を擦らないこととアイメイクはしないこと等々。
自分は余り痛みを感じませんでしたが、ほかに同時に受けた人(男性)はずっと痛みがあったらしく、痛い痛いと訴えていました。痛み止めの点眼薬も渡されたのですが(1時間に1回以上は点眼しないようにと注意され、翌日検診で回収される)、私は結局一回も使わないまま返却しました。
そして、保護用サングラス(自分が選んだのは薄いグレー。他に透明な物もあります)をして、帰宅。
…サングラスは顔のサイズに合わないのでずれまくり。
 
少し視界はぼやけましたが、歩く分には支障がないのでロッテ○アの絶○バーガーを昼食にして、帰宅。1時間おきの点眼なので、電車の中でも点眼しました(1時間半掛かるんですよ)。
ちょっと転た寝しそうになりましたが(笑)、4時間は眠ってはいけないとのことで我慢。駅からも何とか時間を合わせ、2時間おきに1本出るかでないかのバスで帰りました。
手術当日はTV・読書・新聞・PC等は一切不可なので、点眼以外はすることがなく、軽くストレッチはしましたが(運動も禁止)、退屈だったので夜は9時前に就寝。
(少し疲れていたのか、爆睡)
寝る前に顔を一切濡らせないので、絞ったタオルで頭と身体を拭いて入浴替わりにしました(それを考えると夏場は厳しい)。首から下のシャワーはOKですが、気を付けた方が良いと思ったので。
で、就寝時はアイパッチ(結構面倒くさい)をして眠るのですが(睡眠時に無意識でこするのを防ぐため)、目の下は隈が酷くなったし抑えていたので暫く痕は残りました…。
 
翌日は夕方から検診だったので、昼頃までごろごろして過ごしました。
疲れない程度にTVや読書もして良いと言われていましたが、念のため一切手を出さないようにしていました。とはいっても携帯メールはやってしまいましたが(をい)。
目を洗わないよう気を付けて洗顔し、1時間に1回の点眼を続けていましたが、目薬をしていないと目が乾く、ドライアイのような感覚と、視力は回復しているという自覚は特になく、退屈しながらもそれまで休んで、夕方4時前に再度クリニックへ。
視力検査では1.2に回復していましたが、あまり実感はなかったです。

で、右目に付けられていたコンタクトを外し、点眼は3時間に一回になり、検査後は、「友人紹介プラン」の説明をされて終わりました。
自分もそうでしたが、紹介を受けて施術した場合、紹介者にはキャッシュバックがあり、手術を受けた人は割引になる、という制度です。
…だから施術数世界一なんでしょうね。
で、その日は翌週検査の時間を予約して終わり、特に問題はなく帰宅しましたがやはり昨日施術した人で痛みを訴えていた人はずっと痛みが続いていたようです。
手術前に説明は受けていましたが、本当に痛みは個人差があるんですね〜。
 
連休中は殆どPC立ち上げないままでしたが、20日は録りためていたプロフェッショナルとかエヴァンゲリオン観てました。で、ストレッチしていたら太股が筋肉痛に(泣)。どんだけ鈍っているんだ私の身体。

21日からは普通に仕事(通勤時は保護用サングラス着用)して、過ごしました。
で、金曜日に一週間検診で、視力1.5まで回復していました!
万歳。
ただ、同じ視力でもコンタクトとは若干見え方が違います。コンタクトの方がはっきり見えるかな?という感じです。でも、何もしないでクリアな視界が得られる、というのは良いですね!
受けて良かったと実感しました。やはり大げさではなく、世界が変わるというのは本当です。
 
今はまだ、ドライアイのような感覚があり(特にドライアイになっているわけではない、と一週間検診で言われましたが)、術後、白目の部分に朱いシミみたいなのが残って驚きましたが、それもだいぶ薄まりました。未だ続くのはゴロゴロ感や(コンタクトしていたので馴れてはいますが)、暗いところでの光に対しぼやけて見えるハロー・グレアが若干残る感じはありますが。
そしてやはり、目は大事にしなきゃいけないと改めて決意できました。意識して休憩を取ることも大事ですね。
せっかく回復したのにまた悪くしたら勿体ないです。
また何かあったら報告します!
 
長文お読み頂き、ありがとうございました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おめでとさんvv
大変だったね。
でも視力回復してなにより。
お大事にしてください。
今度会うのが楽しみだわvv
Posted by 青海 2009.07.29 Wed 02:21 編集
ありがちょーv
心配だったけど、無事に終了してばっちし回復したよ〜!
今度また、ゆっくりお話ししましょうv
2009.07.29 Wed 23:31
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
東北地方太平洋沖地震 義援金バナー
東北関東大震災義援金
お願いいたします
おすすめリンク
別館や、お世話になっている友人サイト様様v
是非遊びに行って下さいv
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
iTunes
プロフィール
HN:
Rook
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
くうねるあそぶ
自己紹介:
まいにちいっしょうけんめい、だけどのらりくらりと生きています。
そんな日常。
QRコード
携帯用へはこちらから
ブログ内検索
猫温度計
Daily Rook
ついった新聞です。
私のTwitterよりも他のユーザさんを掲示しています
お天気情報
world community grid
Let's Enjoy!
こんなん作ってみたので、遊んで下さい
ご本はこちらで探しましょうv
Amazonへのリンクです
最古記事
(02/26)
(03/26)
(03/26)
忍者ブログ [PR]