忍者ブログ
日々の戯言など。本や観劇、いろいろな出会いの記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

上橋先生の講演会を聴いてきて感じた印象が漸くまとまってきたので書いてみます。
それでもまとまりにかけます(涙)。
実は2回目の「レ・ミゼラブル」観劇から受けた印象も混じっていますが。

長いので、気力があるときのお読み下さい。



同じ話なのに、読む人によって好きな人物、好きな場面、そして解釈の仕方は全く違ってきます。

「精霊の守り人」の世界では、現実の世界「サグ」に重なったり離れたりする「ナユグ」という世界が表現されています。
「物語そのもの」が「サグ」ならば、読み手の印象や脚本は、「ナユグ」と言えると思います。
媒体やその物語を受け取った人たちの思いは確かに存在し、重なる部分ではあるけれど、全く一致することはないし、その違いを「発見」することで、また「物語」は進化する、あらたな命を吹き込まれる。
そういうことかな、と感じました。
そしてその「世界」がただ複数存在している、それだけではなくてその「世界」が重なったり離れたり、一部は融合していたり…。
そしてまた、生み出された「物語」があらたに媒介となって更にその世界を拡げていく。
広がった世界は多少変質するけれど、その本質は確固たるもので、実は変わらないのでしょう。

アニメ「精霊の守り人」の脚本は神山監督や脚本チーム、そして原作者である上橋先生を交え、何十時間にわたってお互い納得するまで打ち合わせを行うことで、「融合する部分」を固めることが出来たのだと感じました。
それでも、原作を知る人たちから言わせれば、まだ足りないと感じる要素もあるのでしょうが、それはもう絶対埋まるものではないと思います。

自分の感じた印象では、「精霊の守り人」というサグの世界に限りなく近い「上橋先生自身の世界観」と、「神山監督の世界観」というナユグのような世界が存在していて、また脚本チームの人々、原画やアニメに関わる全てのスタッフそれぞれの世界があって、それらが融合し、ある時は分離していくことで更に新しい世界が生み出されている、そういうように感じています。
何度かトークショーに参加させていただいたり、番組の特番を観て、ますますその印象は強まりました。

そのように作られた「精霊の守り人」は凄く幸せな作品だと思いますが、何よりも「物語自身」にそれに耐えうる「ちから」が無ければ、ここまで深く描かれることはなかった、と思います。
「世界」そのものが生きているからこそその中の登場人物が生きているのであり、多くの読み手から愛される、そんなちからを持っているから。
そしてそれを生み出した上橋先生自身のちからが。

…なんというか、「広大な世界」が舞台であるはずなのに、物語がクライマックスに向かうと結局登場人物ただ一人(或いは二人)の内面世界に話が収縮してしまい、がっかりした経験があります。
「人間が持つ生命」そのものが「宇宙」並に広大だ、ということを云いたいのかな、と感じることもありましたが。どうもそういうのではないので。

好みの問題なのかも知れませんが、日本や欧米の話にかかわらず、「ファンタジー」と云われている分野はそういう形が多いような気がします。
「指輪物語」は本当に凄く、ファンタジーというより本当に歴史小説のようでしたが、やはりまれなのでしょう。
「ゲド戦記」はまだ未読ですが、期待しています。

結局、書いている人の持つ、背景によるところが大きいのでしょう。
ここで云う「背景」は「知識」「想像力の豊かさ」だけではなくて、何よりも「経験」「人間性」の豊かさだと思っています。
「面白い」話であっても、十年、二十年、また百年後もその物語が生きているか。
時代が変わってもなお読み継がれ、愛され続ける古典のように生き残る物語は本当に希ですが、その「背景」が深ければ深いほど、ずっと残っていくのだと思います。
「戦争と平和」、「レ・ミゼラブル」しかり、「風と共に去りぬ」とか。
「精霊の守り人」はその希有な、「百年後にも読み継がれる物語」になる、と確信しています。
そして、アニメ「精霊の守り人」も。
アニメは折り返し地点を越えて、物語も分岐点ですが本当に安心して、楽しみに観ています。
一部キャラには腹を立てたりしますが…そんな彼らも成長していくのが、楽しみです。
それが出来るのはやはり、「物語」そのものに「命」が吹き込まれ、キャラにも命が芽生えているからでしょう。

まとまらない割に仰々しい文章になってしまって済みません。
ここまで読んで下さって有り難うございました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
東北地方太平洋沖地震 義援金バナー
東北関東大震災義援金
お願いいたします
おすすめリンク
別館や、お世話になっている友人サイト様様v
是非遊びに行って下さいv
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
iTunes
プロフィール
HN:
Rook
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
くうねるあそぶ
自己紹介:
まいにちいっしょうけんめい、だけどのらりくらりと生きています。
そんな日常。
QRコード
携帯用へはこちらから
ブログ内検索
猫温度計
Daily Rook
ついった新聞です。
私のTwitterよりも他のユーザさんを掲示しています
お天気情報
world community grid
Let's Enjoy!
こんなん作ってみたので、遊んで下さい
ご本はこちらで探しましょうv
Amazonへのリンクです
最古記事
(02/26)
(03/26)
(03/26)
忍者ブログ [PR]