忍者ブログ
日々の戯言など。本や観劇、いろいろな出会いの記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日比谷シアタークリエで観劇してきました!
…これでしばらく舞台はお休み(の筈)です。
ミスサイゴンはあと2、3回は…(ゑ

吉野さんのダンスと脚線美が目当てでしたが(をい)内容が素晴らしい!
とても楽しくてギャグもあるんですが、終盤は…やられました。

以下、ネタバレ含みますのでご興味のある方は続きからどうぞ〜



たとえ、夢半ばで破れても……。

舞台は終戦直後、1945年宝塚にひっそりと誕生した「宝塚歌劇団 男子部」。
結成から9年後に彼らは表舞台に立つことなく解散してしまいました。

その軌跡と、彼らが夢を抱いて駆け抜けた、その9年の青春グラフィティ。
男子部は僅か7名、一人を除いてずぶの素人、しかも一癖も二癖もある人々。
それを見守る、寮母のおばちゃんもまた、かつて宝塚の大舞台に立つことを夢見ていた一人の女性。
そして彼らを影ながら支え、導こうとしていたのは演出家の夢を諦めていた男——。
嘗ての夢と、今の夢。
交差する思いは結局叶えられることはありませんでした。

後半に入ると、どうしてこんなに頑張っているのに報われないのか、観ていて自分も非常に悔しかったです。

どうして男子禁制であるはずの宝塚を彼らは目指したのか、最初は分からなかったのですが、彼らはみな、戦後の混乱の中を懸命に生き抜き、そして自分たちだけではなく多くの人たちに夢や希望を与えるために、宝塚の大劇場を目指していたのだと、後半になって漸く分かりました。

結局その舞台に上がることなく、解散してしまうのですが。


——内容を書くと悲劇ですが、笑いあり涙あり、楽しい一時を過ごせました。

実は未だ宝塚は観劇したことがないのですが、機会があれば観てみたいです。

最後のレビューは本当に楽しそうに皆さん踊っていてそれだけでも魅了されました。
吉野さんの脚線美は勿論のこと(をい)、一人一人輝いていて、応援する気持ちで観ていました。
そして、元気をもらえました。


今月いっぱいだそうですので、興味を持たれた方は是非。
公式サイトも是非ご覧下さい〜。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
東北地方太平洋沖地震 義援金バナー
東北関東大震災義援金
お願いいたします
おすすめリンク
別館や、お世話になっている友人サイト様様v
是非遊びに行って下さいv
カレンダー
08 2019/09 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
iTunes
プロフィール
HN:
Rook
性別:
非公開
職業:
会社員
趣味:
くうねるあそぶ
自己紹介:
まいにちいっしょうけんめい、だけどのらりくらりと生きています。
そんな日常。
QRコード
携帯用へはこちらから
ブログ内検索
猫温度計
Daily Rook
ついった新聞です。
私のTwitterよりも他のユーザさんを掲示しています
お天気情報
world community grid
Let's Enjoy!
こんなん作ってみたので、遊んで下さい
ご本はこちらで探しましょうv
Amazonへのリンクです
最古記事
(02/26)
(03/26)
(03/26)
忍者ブログ [PR]